酵素ドリンクの光
ホーム > ラウリル硫酸ナトリウム > シャンプーに入っているラウリル硫酸ナトリウムってなに?どうして髪に悪いの?

シャンプーに入っているラウリル硫酸ナトリウムってなに?どうして髪に悪いの?

近年は日々の入浴時に石鹸を使用する必要性は無く頭部もシャンプーを使わなくて良いといった見方があるものの、全く使わない日々が続くと痒みや臭いが気になり始めますし、毛根に脂分が蓄積しこびり付いてしまう恐れもあります。

そのため、一切シャンプーを使わないという選択肢は好ましくなく、取り分けて発汗した日や定期的にシャンプーを手にとってしっかりと洗うことが求められます。

しかし、頭皮環境のことを考慮すると負担が大きすぎるという心配が付きまとい、不安感を抱きつつ洗浄しなければなりません。

そこで懸念材料を払拭するために良い判断基準になることはラウリル硫酸ナトリウムの事を考えるという点であり、知識に精通しているスタイリストや美容師は真っ先に有効成分に目を向けて有無を確認するほどです。

ラウリル硫酸ナトリウムと耳にした時、一般的には馴染みが薄い成分なので難しい印象を感じるのですが、特徴を一言で言い表すのなら毒性と刺激性が強いということです。

そのようなラウリル硫酸ナトリウムは、界面活性剤の一つとして位置付けられていて心地良い洗浄力と泡立ちが心地よさを与えてくれます。

また、安価に手配できる上に製造コストも小さく済むので大量生産されるシャンプーには非常に高い確率で含有されています。

ところが、洗浄力に長けていて泡立ちやすいということは刺激が強すぎるという裏付けなので、乾燥肌もしくは敏感肌の方が使ってしまうのは酷です。

頭皮が痒くてシャンプーをしたのにも関わらず、洗い上げた後に尚更強い痒みを覚えるほどであり、中には皮膚科を受診する必要性があるほど重症化する方も居ます。

こうした不調を引き起こすのは、ラウリル硫酸ナトリウムの分子が大変小さくて肌の奥深い所にまで浸透してしまうのが起因であり長い間作用し続けることが要因です。

ラウリル硫酸ナトリウムを避けるためには市販品には手を出さず、ヘアカットの後にサロン専売品を購入するようにしてください。