酵素ドリンクの光
ホーム > ワイン > 観賞用とワインおすすめされて飲む用と使い分け

観賞用とワインおすすめされて飲む用と使い分け

生まれた年のワインを一度飲んでみたいものです。正直、味どうこうよりも、わざわざ探してくれたその行動の方が嬉しいですよね。でも記念のものだったら、開けずにしばらく飾っておくかもしれません。そして生まれた年に関係のないおすすめワインを飲んでいることだと思います。

 

おすすめのワインも飲む用と観賞用を使い分けて

 

熟成肉が最近ブームですが、お肉でもワインでも、長く寝かせていて問題はないんでしょうか。失敗して食べられない飲めないなんて場合もときにはあったりするんでしょうか。でも成功すると、他とは比べ物にならないくらいの味の深さとかあるんでしょうね。美味しいとしか感想は言えないと思いますが、やっぱり食べてみたい気もします。せっかくなので、置いておく用と飲んじゃう用と日本用意してくれると嬉しいですね。