酵素ドリンクの光
ホーム > 注目 > 米国の存在に感謝の念が希薄なのか?

米国の存在に感謝の念が希薄なのか?

自民党中谷氏の発言で

日本は米国の存在に感謝の念が

希薄だというような発言が出ています。

 

また議論を呼びそうな発言では

あると思います。

 

確かに守ってもらっているという

事実はあって、沖縄の反基地の様子等を

見ると、どうなのかなと思うところがあります。

 

ただ、必ずしもこの形態を続けるのが

いいのか悪いのかというのは

現時点ではなんともいえません。

 

これに対してネット上では

 

アメリカこそ日本に感謝して欲しいね。アメリカ自国以外にこんなに基地がある国は、ない。いくら戦争に勝ったからって、日本の土地をただ同然に使っていて、何が感謝だっていうの。戦後70年も経って、駐留軍がいるのが、おかしいでしょ。おかしく思わない自民が、おかしい。

 

日本人は平和ばかの集まり。

 

日本に基地があることで、アメリカも相当に利益があっただろうし、経済面でも何度も大きな譲歩をさせられている。感謝の念が希薄というのは違うのでは?

 

 

なんで”自衛隊”が世界の安全保障に関与していくんだよ。

先に日本軍に名前変えろよ。

 

ぶっちゃけた話、全てがアメリカの押し付けじゃねーか

 

こいつは国賊だな!

対米自立を決断すべき時がきたな

厚木や三沢のアメと自衛隊共用基地の住環境の違いを見ると涙が出てくる。。

 

 

やはりいろいろな議論が出てくる

ことになりそうですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

http://ricebegin.hatenablog.jp/